UGA卒業後、アメリカで社会人中のUGAgirl。そろそろブログ更新しましょうか・・・。


by ugagirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Marriage Licenseを取りに行く・・・の巻

あー仕事が始まってしまった・・・。
でも会社のみんなにも報告して、まだまだ”おめでとう”と言ってもらっている私です。

アメリカの結婚式に一番大事なのは、Marriage License(婚姻届け)。
これがなくては結婚式を挙げる意味がない。
日本の場合、婚姻届提出日と結婚式日は異なることが多いけど、
アメリカの場合、「結婚式=婚姻届にサイン=合法的な結婚」という扱い。

ラスベガスへ行く前に事前に挙式の担当者に、婚姻届けを取りにリムジンを予約。ベラージオの挙式パッケージの一つで入っていて、ホテルからthe Marriage License Bureau というオフィスまでBellagio所有のリムジンで送り迎えしてくれるのです。朝10時から午後2時以外ならいつでもオッケー。ラスベガスのthe Marriage License Bureau (日本でいう市役所的なところ)は、夜中12時までオープン。

朝10時前に起きれないだろうという予想からと、夜の景色を車から見るのも悪くはないのではないか・・・という理由から夜9時にリムジンを事前に予約しました。
b0040413_104383.jpg

(夜撮った写真は暗かったので、翌日にリムジンの写真撮りました)

婚姻届けに必要な物は事前にサイトでチェックしたところ・・・。
Requirements for U.S. citizens and non U.S. citizens are the same.
えええっ。正式書類申請に、外国人の私も一般アメリカ人と同じ扱い?!
たいてい外国人の場合、一般アメリカ人よりも多くの書類を提出を求められることが99%。とくにこういうオフィシャルな書類には。正直アメリカ人と同じ扱いで、逆に疑心暗鬼で調べまくったところ、やっぱりたいした書類を求められないことが判明。

・・・でも心配な私はパスポートとSSNを念のため持ってきました・・・。

久しぶりの家族との日本食でちょっとビール飲んだ後に出発。
リムジンのお兄ちゃんから水のボトルを貰い、酔いが冷めるよう飲みまくる。さすがに役所に酔って行くのはダメでしょうと、私なりに気を使ったらしい。
10分ぐらいで到着。
b0040413_94335100.jpg

町のはずれにあるのか、暗い通り。
ビルの一部だけ明るい場所があって、そこがthe Marriage License Bureau。
入ってみると・・・3組カップルがいて、シラフに一番近いのは私と夫でした。
さすがラスベガス。

机に申し込み用紙が置いてあり、そこに必要事項を記入する。
記入するためのペン・・・がなく、全て鉛筆。
今時公式用紙に鉛筆で書くなんて・・・ありえないっ。
っていうか、これは酔って間違えて記載しても大丈夫対策か?!
さすがラスベガス。

記入内容はいたってシンプル。名前、住所、生年月日、過去の結婚回数、父親&母親の名前、父親&母親の誕生日、母親の旧姓のみ。SSN番号の記載すら不必要。なんて簡単なんだ!!!
さすがラスベガス。
(ちなみにこの申し込み用紙は事前にサイトで記載する事も可。)

用紙に記載したら、窓口に行って、申し込み金額$60と運転免許書を提出する。
後は窓口のおねえちゃんがコンピューターに入力して、プリントした用紙をもらって終了。

およそ5分足らずで婚姻届ゲット。
さすがラスベガス。

ちなみにアメリカの場合、州によって婚姻届の入手方法が異なるので注意。
州によっては、血液検査や身体検査などを求められるところもある。もちろんそうなると婚姻届の入手にも時間がかかり、2週間から1ヶ月かかるところもある。

さすが「ウェディングの聖地」ラスベガス☆

ちなみに他の3組をちらちら様子見していた私。
1カップル目は、メキシコ人(?)カップルで英語が全くダメで、婚姻届ゲット=結婚成立と思ったのか、用紙を受け取り次第写真をめっちゃバシバシ取り始めた。受付のねえちゃんが「チャペルで結婚しないと無効よ!」って窓越しから大声で怒鳴っていた。

2カップル目は怪しげな感じのカップル。おじいさんと、わっかーい(訳ありっぽい)女の人。用紙を貰い次第おじいさんが小声で「今の時間帯に開いてて、ここから近いチャペルはどこかね?」と、窓口のおばさんに聞いていた。

3カップル目は相当酔っぱらっているおばさんが先に入ってきて、申し込み用紙をわざわざ大声出しながら記載。その後相手である男の人が入ってきたけど、この人もまた酔っぱらってるらしく、「父親の誕生日なんてわかんねーなぁ」と言いながら記載していた。

さすがラスベガス。
いろんな人がいますね。
[PR]
by ugagirl | 2010-09-29 10:09