UGA卒業後、アメリカで社会人中のUGAgirl。そろそろブログ更新しましょうか・・・。


by ugagirl
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:自分( 2 )

私の趣味

ふと自分のブログを眺めていたら、
「自分」とかいうカテゴリー発見。
どんな記事をこのカテゴリーに入れてたっけ?と思い見てみると、
たいしたことのない記事が一つだけありました。

一つの記事のために私はカテゴリー作ったんかい・・・(笑)

そんなわけで、
なんか私の事でも書くかと思い、こんなタイトルを。
私の趣味についてです。
B型なので、基本的に”熱しやすく冷めやすく”です。

そしてお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
2年前ぐらいの夏、結構ゴルフネタを書いてました。
そのゴルフとやらは、案の定、現在物置の中で寝ています。
だから私はやっぱり万年無趣味女と思っていたのですが、
”これはどう考えたって趣味だろう”と、最近気がついたことがありました。

それは漫画。
小さいころから漫画大好き。
父親の漫画から始まりました。
当初読んだ漫画:手塚治虫の「ブッタ」
小学生が読む漫画か?って感じだけど、
印象的でねー。何度も何度も繰り返し読んだっけ。
その後、家にある手塚治虫を読みまくった。
次に大好きなのは「きりひと讃歌」、「アドルフに告ぐ」。
当時「三つ目がとおる」がアニメやってて、大好きだったなー。
「ルードウィヒ・B」は未完成で、
ある意味読まなければよかったかも・・・と、後悔した覚えがある。
手塚治虫が好きだったわりには、
ジャングル大帝やらブラックジャックには興味なくって、
未だに読んだことない。

そんな感じで漫画と出会い、
今でも漫画を買い続けている。
私の悪い癖は、漫画一巻買ったら絶対に完結するまで揃えること。
だからいくら途中から面白くなくなったとしても、買い揃える。
買いながら「あんまこんな漫画にお金使いたくないんだよねー」
と思っても、もうコレクション的に買うしかないの。
そしていくら駄作でも捨てない。コレクションだから。

アメリカで学生だった時、お金ないから漫画買えなくって、
半年も読んでないと禁断症状みたく
頭の中が「漫画、漫画、漫画、漫画、漫画、漫画」ってなった時があった(笑)
友達に違法ダウンロードで漫画のJPEGファイルでもらったけど、
あれではダメなんだよね。
やっぱり紙じゃないと、ダメなの。
それでトイレとかベットとかソファーで読むのがいいの。

そんな私の夢は、
結婚して自分の家を持ったら、漫画部屋を作ること(笑)
漫画のみの部屋ができないんだったら、オフィス部屋でもいいから
とにかく壁いっぱいに漫画が置ける本棚を作るの。
だだだだだーーーーーって奇麗に大好きな漫画が並んでるの。
漫画喫茶気分が家で味わえるなんて・・・幸せ☆

漫画読んでると、ぶっちゃけ他の事はどうでもよくなる。
彼氏でも。
漫画読んでる最中、普通に電話に出ない時がある(笑)
だから私には、他人と住むって事ができなさそう。
だって、「朝10時ぐらいに起きて、コーヒー飲みながら漫画読む」
っていう私の週末の楽しみが出来なくなるじゃない。

朝ご飯なんて食べないx2。お昼に食べればいいのよ。
ゴロゴロソファーに座って漫画楽しむの。
日曜日の朝はOne Pieceね。
アニメ最新版を観るの。
(One Pieceは完結してから大人買いする予定なんだけど、
でもそれまで待てないからアニメで毎週見ているの)
じゃないと私の日曜日は始まらない。
最近このおかげで、日曜日は土曜日より朝早く起きるのよね。

え?彼氏が一緒にいる時どうしてるって?
もちろん自我を通させて頂いてます。
え?彼氏はその間何してるって?
・・・ご飯作ってます・・・

だから、私絶対に彼氏にはこんな事言わないの。
「私と○×、どっちが大切なのよ!(怒)」って。

だって私、彼氏に
「俺と漫画、どっちが大切なんだよ!(怒)」って言われて、
多分答えられないと思うもん(笑)
[PR]
by ugagirl | 2009-01-10 14:06 | 自分

やさしさ

数日前、Naoさんの日記に掲載されてた一文。

「強くなければ生きられない、優しくなければ生きる資格がない」

この一文を読んでから、ずーっと考えてました。
理由は、私という人間はやさしくないから。
女のくせに、とってもきついです。
初対面やある程度距離作って接している方々にはそんな態度取りませんが、
ある程度距離が縮まると、私という人間は他人にはとても厳しい判断します。
一番被害があるのは、私の彼氏になった人。
赤の他人なのに、私のこの厳しさを面と向かわないといけない。
あ〜なんて哀れな。

海外に来て、私の男勝りの”強さ”はさらにアップ。
だってサバイバルしなくっちゃーいかんから。

昨日アトランタ、ゲイタウンでお茶してたところ、
美男子カップルが来ました。
片方はかなりの美男子だったのだが、それよりもすっげー女らしい仕草をするのですよ。私はそれを見て・・・「負けた」と思いましたね。

私はなんだかしらんが、もてる。
実の弟も不思議そうに「なぜ、姉はモテルのだ?」と親に聞いたそう。
男に困った事は今までない。
だが、いつも別れてるので、それでは全然意味がない。
つうか、皆さん、私にだまされているのですよ。
だましているわけでもなんでもないんですが、
なんだか知らないけどだまされて、私の事を気に入ってしまうのです。
みんな目をさませ〜〜〜

最近、自分のやさしさのなさにへこみます。
せめて女らしくやさしい感情を持って異性と接したい。

タイに観光に行ったママが以前、お寺で「あなたの娘に足りないのは”やさしさ”です」とズバリ言われたそう。そしてやさしさアップする釈迦様が彫ってあるペンダントを買ってきてくれた。今その釈迦は、箱のどっかで寝ている。

この機に、釈迦様ペンダントを身につけてみるか。
[PR]
by ugagirl | 2005-08-21 22:46 | 自分