UGA卒業後、アメリカで社会人中のUGAgirl。そろそろブログ更新しましょうか・・・。


by ugagirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

英語ぺらぺら

これは私の勝手な定義なのですが、
”英語ぺらぺらにしゃべれるよ”と言っている人ほど喋れてないもんです。
第一ぺらぺらの意味がわからない。
ぺらぺらって何さ?って感じです。

心がやさしい人が「私、やさしいの」ってわざわざ言いません。
それと同じで、英語喋れる人が「私、英語喋れるの」ってわざわざ言いません。
喋れる人は英語がただの生活の道具でしかならないと知ってるからでしょう。

そんなわけで日本に帰ると大抵一度は「英語ぺらぺらに喋れるの?」と聞かれるけど、
「んーーーーー場合によるかねーーー。ネイティブには絶対になれないから」と答える。
なんかそう言うと、相手からは”あーたいした事ないんだ”という反応が見られる。
別に勘違いされてもいいんだけど。

私には英語に関してあこがれてる人がいる。
それは一人の日本人の駐在員の方。
この人は本当にすごいと思う。
英語はとても上手。
長年アメリカにいるからか、日本人らしい英語を喋らない。
電話での会話など、本当見本にしたいと思う。
そのため結構盗み聞きしちゃってる。

英語を第2ヶ国語に喋れる人の中に(とくに上手な人)は
話し相手の英語が下手だと有頂天になる人がいる。
なんとなく態度でそういうのがわかる。
優越感というのだろうか。
そういう気取ったところがその上司から一切感じ取れない。
むしろその上司は英語しゃべれない人に対して自分のレベルを下げて話す。

自分が英語がしゃべれなかった時、よく早口で話すアメ人に
「私は外国人なんだからゆっくり話せ(怒)」と思ってたもんだ。
でも実際自分より英語下手な人に英語を話す時、そういう心使いはできてないことに気づく。
そして自分も実際”英語がお前よりうまく喋れるんだよ”という優越感に浸った事だってある。
でも最近思うのは、そういう優越感に浸ってる人は
あの”私、ぺらぺらに喋れるの~”と言ってる人と同じであって、
実はそんなにたいした事がないのだと思う。
実際はたいした事がないけど、自信があるから優越感を感じる・・・みたいな。

”英語を喋れる”というのは、
相手のレベルに合わせられる技術や心使いが自然にできる時に、
やっと言えるもんじゃーないかなと思う今日この頃です。

ってなわけで、私の英語への道のりはまだまだです。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-28 06:20 | アメリカからの日本分析

イースター

昨日(27日)はイースターでした。
小さいころに意味もわからず卵にお絵かきした覚えがあるけど、
アメリカでイースターを意識して何かをしたのは今回が初めてでした。
なんせ宗教がからんでるので、あんまり深入りしたくないですし・・・

今回は彼氏の家族に招待されてランチを一緒に食べました。
午後は姪っ子(6歳)と甥っ子(4歳)のためのEgg Huntingをする予定でしたが
雨のため中止。
Egg Huntingというのは絵を描いた卵を大人たちが庭に隠し、子どもたちがバスケットを持ちながら探すという、いわば宝探しゲームです。
でもって、ゆで卵は最近では使わずにプラスチックの卵を使って、
その中に飴とかチョコを入れるのです。

「今日Egg Huntingできなくて残念だね~」と甥っ子姪っ子に話したら
「いいの。先週の日曜日と昨日、もうすでにやったから。」

聞いてみるとプラスチック卵120個が今年は用意されてたそう。
大人も大変だな。

ランチをみんなで食べたけど、
これがまた量があるわ、あるわ。
カウンターテーブルぎっしり。(料理の種類はざっと15種類)
デザートもケーキ(3種類)、クッキー(2種類)、チョコレート(3種類)、ジェリービーンズ、などなど・・・

アメ人は食べる量がすごいっていうけど、
こういう食べる行事がありすぎです。

思わず「なんかクリスマスみたいだねー」と彼氏のお母さんに言ったら
「クリスマスはこの3倍の量よ!」

・・・・・・3倍ですか・・・・・・

やばいです。

しかもさらにやばいのが、
こういう料理は部屋のあらゆるテーブルに置かれ(今回はテーブルカウンター)
それがいつまでたっても置いてある。
映画を見て、なんか口が寂しいな~て思ったらそのテーブルに行って、つまみ食い。

私もポークがめっちゃおいしかったので、なぜか3時にまた食べてました。
あーやばいなーx2・・・・
[PR]
by ugagirl | 2005-03-28 03:15 | 日常生活 in America

私の趣味

私には趣味と呼べる趣味がない。
無趣味です。
本当に悲しいぐらいにコツコツ楽しんでる趣味がないです。
まーしょうがない、熱しやすく冷めやすいB型なのでね。

でも、一つだけ、やばいぐらいに好きな行為がある。
趣味とは言えるのかはわからないけど。
それは・・・耳かき。
やばいぐらいに耳かきが好き。
しかもごっそり耳くそが取れる時が。
もちろん綿棒ではなく耳かきを使う。
この耳かき(竹のヤツ)、日本ならではの文化なのかもしれない。
まーしいと言えば北アジアの文化かもしれない。
だって耳かきの存在しってる人、アジア人でもあんまりいないのですよ。
どこで発明した物なのかわからないけど、とにかく優れてると思う。
気持ちがよすぎる。

アメリカには耳かきがない。
綿棒はあるけど、耳かきがない。
綿棒なんて全然役に立たないので、旅行の時は愛用耳かき持参です。

以前私が友達の前にそっと耳かきでいじってたら(私の自宅でね)、
「えええ!!!何耳に突っ込んでるの?」
と、めっちゃ驚かれた。
そして怖がれた。
そんなアメ人の耳は、とっても汚いです。
たまーに外からでっかい耳くそとか出てる人がいるのです。
そんな人を見つけちゃった時は、非常にツライです。
”あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜取りて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜”
というウズウズな気持ちがずっと続きます。

そこで私の一つの疑問が。
”今まで人生に一度も耳かきをした事のない人の耳は、一体どんなに汚いのだろうか”

そんな私の夢が現実となりました。
彼氏にお願いして耳かきしました。
ちなみに彼は以前、耳かきで”耳かき”をした事がありません。

結果:


すっっっっっっっっっっっっっげーーーーーーーーーーーー汚い


やばいです。
ごっそごそ、出て来るx2。
本当にやばかったです。ごっそりですよ。
耳かき大好きな私にとって、本当に祝福な時でした。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-26 09:43 | 日常生活 in America

盗みネットから卒業

先週、先々週はちまたでは春休みだったらしく、
学生の友達はお休みを楽しんでました。
くっそ〜と思いながらも、忙しかったので気にしてなかったのですが、
やっぱりうらやましかったです。

今週日曜日(27日)はイースターのため、
金曜日(25日)はGood fridayと言って、ある会社は休みでした。
うちの会社も休み。
このGood fridayっつう休みは学校では適用されないので、
社会人の私はちょっと得した気分でした。
春休みなかったけど・・・

前々からケーブルを頼もうと思ってたのだけど、
平日は会社のためできないでいました。
って、事でこのGood fridayを機にとうとうケーブル契約しました。
やっぱり、Wirelessネットはタダでいいのだけど、不便です。
でもタダだったので、文句は言いませんでしたが。
結局4ヶ月間、タダ使い。
どなたのWirelessだったのか知らないが、ありがとう。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-26 09:37 | 日常生活 in America

悪化するカタカナ用語

まずはこの記事を読んでください。


アメフットって・・・なんですかい?(笑)
アメリカンフットボールの略ですが、
私の記憶では今までは”アメフト”として通してきたような・・・・

もう本当ごっちゃごちゃなカタカナ。
略語を使うのなら変に変わらないほうがよい。
どうせ変えたって日本語英語なのだから。
フットボールとして言いたいのなら、そのままアメリカンフットボールと言え。

こんな事やってるから日本人の英語は他国に比べ伸びが遅いのですよ。
カタカナ用語なんていらないのに。
混乱を招くだけだ。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-17 05:18 | 日常生活 in America
最近全く日本の祝日やら日本伝統のお祭りがわかりません。
誰かさんのHPで読んだり、YahooJapanで初めて気が付きます。
例えば今は卒業シーズンらしいですが、
アメリカでは卒業シーズンは5月なので全然ピンときません。
と、言いながらもアメリカの祝日、お祭りを知っているわけではありません。
今日はSt.Patrick’s Dayでした。
これはIrishの人たちのお祭りでして、
緑の洋服、クローバーなどがモチーフでして
夜は”飲めや飲めや”の日なのです。
社員には一人しかIrishの人しかいませんので、誰も緑の洋服なんて着ていません。
アメリカ1年目の日は私はニューヨークにいました。
ニューヨークにはたくさんのIrishの人たちがいて、
マンハッタンは大騒ぎでした。
どこのバーも緑だらけの人たちで満員でした。
その中何も知らないアメリカ1年生の私は、派手なオレンジのジャケットを着ていました。
たぶんあの日にオレンジの派手なコートを着ていたのはマンハッタンで私だけでしょう。

あ~懐かしい~・・・

そして2005年3月17日はSt. Patrick's day以外でも
あるアメ人にはとても大切な日です。
それはCollege Basketballのトーナメントが今日から始まります。
私の副社長はバスケで有名なケンタッキー大学出身で
College BasketballにはCrazyだと聞いてました。
どのようにCrazyかというと、ゲームがある日にミーティングがあると勝手に予定を変えます。
副社長なので誰も何も言いません。
というか、みんな暗黙の了解らしいです。

そんなわけで今日からファイナルが行われる3月29日まで、
副社長は実質的にはオフに近い状態らしいです。

昼ごろ、ある営業の方から電話がありました。
「副社長さー今日、オフじゃないよね?・・・・電話でないんだけど・・・」
私が電話してみると、電話線切ってるっぽいです。
でも試合のハーフタイムになると
オフィスにいるこれまたスポーツ好きのラルフという社員に試合状況の電話をしてきます。
そしてラルフも電話を切る際に「2時間後のレポートもよろしくね!」と言って電話切ります。
そんなわけで、今日は2時間置きにジャンジャカ電話がなっております。

夕方4時ごろ、ラルフは副社長からの定期的なレポート電話が来なかったのでネットでチェックしてみたら、副社長の出身校ケンタッキーが試合に負けてました。

彼に電話するのは危険すぎるので、月曜に電話する事にしましょう。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-17 02:58 | 日常生活 in America

ご褒美

先ほどボスたちのミーティングが終わりました。

ご褒美っていうんでしょうか。
ボスたちの資料作りにがんばったら、
私の社長が日本からおいでくださった代表頭取の方に私を紹介してくれた。
いくつかの事業部を全てまとめてる人は”怖い”というよりやさしそうな方でした。

社員半年目の私がこのような方に挨拶できたなんて、
ん~~~私ってラッキーだな。

がんばってよかった。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-15 07:04 | 社会人生活
先週から手がけていたプロジェクトがついに昨日終わり、
今日はボスたちのミーティングの日。
朝8時半からずーとミーティングで大勢の人が来ています。
でも残されてる者はオフィスで仕事。
とても静かで、どうも怠け癖が出てきてしまいます。

そんな中、一通のメールが来ました。
小学校の同級生の一人です。
なんと小学校の同窓会を行うそうです。4月に
しかも担任の先生方も参加するそう。

あ~~~~~~~~~~また行けない~~~~~~~~

私がいた小学校、中学、高校どこもなぜか仲がよく、
いっつも同窓会とかやって会って、キャンプ行ったり飲み会したりしているのです。
だけど、私は一度も参加なし。
私が帰国する時は何人かは声かけて飲み会はします。
小学校メンバー、中学校メンバー、そして高校メンバーと最低3回は行われるのですが、
同窓会ってわけじゃーないので懐かしい人にはあえません。

あ~行きたいな~・・・・

本当、アメリカ生活でこれだけはなんともできないのでつらいです。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-15 03:58 | 社会人生活

American Joke

ある日、ボストンにいる友達から
「おい、このサイトの”本当の映画ジョーク”っていうの読んでくれない?」という
チャットでのメッセージが来ました。
そのサイトはアメリカンジョークっていうサイトで以前から知っていたのですが、
まーなかなかのジョークがたくさんあるのです。

その”本当の映画ジョーク”っていうのを読んでみると・・・
A guy goes up to this girl in a bar and says, "would you like to dance?". The girl says "I don't liket this song, but even if I did, I wouldn't dance with you." The guy says "I am sorry, you must have misunderstood me, I said you look fat in those pants".

(日本語訳)
青年がとあるバーで女の子に声をかけた。「一緒に踊りませんか?」女の子は答えた。「この曲好きじゃないわ。例えそうじゃなくても、あなたなんかと踊る気はないわ」青年は言った。「失礼ですが、あなたは誤解をされています。私は”そのパンツを履いていると、あなたは太って見える”と申し上げたのです」


今この一瞬に笑った人、あなたは立派なアメリカ人です。

私はアメリカのコメディーとくにStanding comedyなんかDVDで見たりしますが、
このジョークはさっぱり????です。
ボストンの友達と「何が楽しいんだ?どこがつぼなんだ?」と話した結果、
私の彼氏に見せてこれは本当にジョークなのか聞こうという事になりました。

先日、プリントアウトした紙を彼氏に見せてなんと!!!
「むふふ・・・」って笑ったのです。
正直、その瞬間「まじですか????」と思いました。

なんでおもしろいのか聞いた所、
「女はこてんぱんに男の誘いをけなしたので、男はリベンジで女に恥をかかせようとWould you like to dance?に似たリズムのYou look fat in those pantsを言った事の展開がおもしろいんだよ」
とのコメントが。

アメリカジョークって単純そうで、難しいです・・・
[PR]
by ugagirl | 2005-03-13 05:57

ミドルネーム

先週の忙しさは残業だけで忙しかったのではありません。
彼氏のひいおばあちゃんが亡くなり葬式には参加しなかったものの、
ネバラスカに住んでいる彼のおじさんおばさん家族に会ったりで忙しかったのです。
いや〜ネバラスカって本当に何にもありませんねぇ。
コロラド空港に寄った時、そうは思ったけど、
実際にあそこに住んでる人から写真見せてもらうと
そのだだっ広さが本当実感できます。
ネバラスカ、何もないのに夏は熱く、冬は零下の世界。
オーロラが見れるそうですよ。オーロラが。

話しはそれましたが、この彼のひいおばあちゃんは
亡くなる前日まで一人で御飯を食べていたというからびっくり。
年齢は107歳でした。
もしかしたらジョージアで一番長生きしていた人だったのかもしれないという程。
そのおばあちゃんの子供はみんな娘なので私が
「じゃーひいおばあちゃんの名字はこれで終わっちゃうんだね」と彼に言いました。
そうすると意外な答えが。
「でも甥っ子のトビーがミドルネームにひいばあちゃんの名字を付けたんだ。だから全く終わったってわけじゃーないから」

あーなるほど。ミドルネームっちゅうもんがあるんだった。

ミドルネームは祖父母の名前だとか名字だとか、どっかしら取ってきて、
モ○○家系モというのを感じるようネーミングするとか。
と、いう事で
アジア人が気にするような「跡取り問題」や「祖先を断たす」っていう考えや
婿養子っていう事を気にしなくてもよいのだ。

ミドルネームって宗教関係で出来上がった習慣じゃーなかったのね。
[PR]
by ugagirl | 2005-03-13 05:55